沿革

COMPANY沿革

昭和 1947年(昭和22年)~1989年

昭和22年04月阪本製線所を創業、鉄線、丸釘の製造開始
昭和24年03月戸車用レール製造開始
昭和25年08月株式会社阪本製線所を設立、資本金50万円で法人に改組
昭和32年04月資本金150万円に増資
昭和32年05月資本金200万円に増資、二藤金属(株)と提携し戸車用レールの製造販売を強化、二藤レール株式会社に改称
昭和36年05月二藤金属(株)との提携を解消し戸車用レールの製造を中止
鉄線の製造再開、(株)中山製鋼所と取引開始
昭和42年04月第2工場建設、伸線設備・焼鈍設備の合理化に着手、昭和48年3月完成
昭和44年06月資本金600万円に増資
昭和44年07月資本金1,500万円に増資
昭和46年12月サカモト産商(株)設立
昭和48年03月全自動酸洗設備・回収酸設備・線材ヤード建設に着手、昭和48年8月完成
昭和48年09月資本金3,000万円に増資、同年10月本社事務所移転(現第2工場)
昭和49年07月資本金4,500万円に増資
昭和54年03月第3工場建設、酸洗工場・伸線工場・線材ヤードの整備合理化
昭和54年04月新本社工場建設用地買収、同年12月工事着工、昭和55年12月完成
昭和55年12月新本社工場に本社業務を移転、営業開始
昭和56年02月酸洗工場に廃水処理設備完成
昭和60年11月第4工場・ローラーハース式連続焼鈍炉新設操業開始

平成 1989年~

平成04年07月厚生施設・藤友厚生館建設着工、同年11月完成
平成04年12月サカモト産商(株)を吸収合併
平成05年05月資本金5,025万円に増資
平成06年05月第2・第3・第4工場建屋増改築完成、伸線機3基増設及び配置替え
平成06年07月全自動連続酸洗設備操業開始
平成07年09月自動酸洗ボンデ処理設備新設操業開始
平成07年11月日本工業規格表示認定取得
平成10年05月本社東工場増築
平成10年12月第4工場・2号ローラーハース式連続焼鈍炉新設操業開始
第3工場・自動酸洗ボンデ処理設備に反転装置設置操業開始
平成11年08月第2工場にボビン取り伸線機3基改造操業開始
平成12年04月第4工場・1号ローラーハース式連続焼鈍炉リプレース操業開始
平成13年06月第3工場・全自動連続酸洗設備リプレース操業開始
資本金9,000万円に増資
平成19年01月日本工業規格(新JIS)認証取得
平成19年06月第2工場・細番伸線機6基撤去、サイドベンダー伸線機3基増設